特定の相手にだけ!!相手ごとにファイル共有

直接担当者以外には見られたくない。業種を問わず共通の課題を完全にクリア。

専門知識は必要ございません

どんなデータでも、直接渡したい相手以外には絶対に見せられないモノばかりです。特に制作進行中の制作物などは絶対に部外秘です。

サーバでファイル共有する場合には、この秘匿性をどう実現するかが課題となります。

そこで「docodemoフォルダ」では1契約ごとに最大10の共有アカウントをご提供。 相手ごと、案件ごとの共有を実現しました。制作を中心とした皆さまに、使い勝手よくご利用いただけます。

※ご契約時にアカウントを発行します。管理者様向けのコントロールパネルはございません。
※アカウント追加の際はお問い合わせにてお申し付けください。

どこでもフォルダへのご使用・アクセス方法

アカウントによるアクセス制限

アクセス制限

管理者、一般アカウントでアクセスできる領域が異なります。「docodemoフォルダ」ではファイル共有を行う最大10のアカウントに対し、IDとパスワードを各1つずつ発行します。ご利用いただく皆さまは、そのIDとパスワードを共有相手に提供していただきます。
これが「DATEフォルダ」流のアクセス管理。これで必要な方以外にデータを見られる心配はなくなります。

管理者アカウント(1アカウント)

自社向けアカウント。
管理者・一般アカウントの全て領域を閲覧、更新可能。
ファイル、フォルダの追加、削除、更新。

一般アカウント(10アカウント)

取引業者向けアカウント。 一般アカウント同士は領域を閲覧できない。
設定により特定のアカウント同士を閲覧できるようにすることは可能。
割り当てられた領域内を閲覧、更新可能。
ファイル、フォルダの追加、削除、更新

使い方はドラッグ&ドロップのみ

アイコンがマウントされたら、共有したいファイルをドラッグ&ドロップ。普通のフォルダにデータを収納する感覚で、ファイルをサーバに放り込んでください。すると自動的にコピー&アップロード開始。コピーが終わった段階で、データはすでにアップロードされています。操作はたったこれだけでOK。「docodemoフォルダ」からファイルを削除したい場合は、対象ファイルをゴミ箱にドラッグ&ドロップしてください。

お客様の声

製作は外注に頼っています。当然、信頼できる発注先に製作していただいておりますが、データの共有は万が一の事も考え、慎重に行っております。その点、docodemoフォルダはセキュリティも安心ですし、各外注先に1アカウントづつIDとパスワードを製作し、個別に管理・やり取りができるので重宝しています。製作物のデータはとても容量が大きく、ファイル送信サービスでは送信できないモノもあるのですが、ココなら素、ムーズにやり取りできる点も気に入っています!! 広告、映像、印刷などの制作業者にはオススメですね!

広告代理店・制作部

無料体験キャンペーン実施中

導入やお得な無料キャンペーンの
ご相談はコチラ